auひかりはケーズデンキで申し込んではいけないただ1つの理由

auひかりを申し込むなら、このキャッシュバックキャンペーンよりも、ネット代理店の方が高額です!!

 

 

 

 

ケーズデンキ会社概要
株式会社ケーズホールディングス(Ks Holdings Corporation)は、茨城県水戸市に本社を置く家電量販店チェーンを展開する企業。子会社10社、関連会社1社及びその他フランチャイズ契約加盟店により構成される(2015年8月現在)[1]。家電量販店の売上高で日本国内3位(2013年3月現在)。主に「ケーズデンキ」(アルファベット表記はKs)の屋号で、家電量販店チェーンを展開している。

 

 

 

市場情報
東証1部 8282

 

本社所在地: 〒310-8282 茨城県水戸市桜川一丁目1番1号

 

本店所在地: 茨城県水戸市柳町一丁目13番20号
設立: 1973年9月29日
創業: 1947年3月
代表者: 加藤修一(代表取締役会長CEO)
遠藤裕之(代表取締役社長COO)
資本金: 129億87百万円(2015年3月31日現在)
売上高: 単体:5,330億27百万円 連結:6,371億94百万円 (2015年3月期)
従業員数 単体:2,114人
連結:6,426人(2015年3月31日現在)
公式サイト: http://www.ksdenki.com/corp/

 

 

今ではすっかり定着したau one netにも対応してくれているauひかりについては、auひかりの会社が違うと、個々に管理に関する手順や方法が予想以上に違うので、理解してしまうまでは、しばらくの間面倒に感じるかも。
申し込みの前にHTML形式でのホームページを、なるべく安いキャンペーンauひかりで作成する予定なのか、それともWordPressに代表される、便利なCMSを利用することで製作するプランなのかといった重要なことは、きちんと確定しておいてください。
確かにとんでもなく料金が安いauひかりだと、auひかりの性能とか申し込み後のサポートに不安を感じてお薦めすることは避けていますが、すごく料金が高いauひかりを申し込んでいただくことがベターだとも思えません。
本当にauひかり1台を一人で占有できるという仕組みの、「真の」高い機能のギガ得プラン以外に、仮想的に処理することで、共有auひかりなのに1台のサーバーを一人の顧客で独占で利用しているように見える最近人気の「仮想ギガ得プラン」もあるので注意が必要です。
数年前くらいから値下がりが続き、月額の使用料が10000円程度のサービスプランまで出現したことで、中小企業の事業主や、さらには一般ユーザーが、高いスペックを誇るギガ得プランをサイト管理・運営に使用しているケースが普通になってきたようです。
身近になってきたauひかりで、手に入れたスマートバリューを設定などを行う場合、使うドメインをどの業者のシステムで入手するかで、DNS (Domain Name System)設定手順のわかりやすさなどにおいてある程度の差異が発生します。
ドメインについては、可能なら利用料金が低ければ低いほど助かるわけですから、変わったことがなければスマートバリュー取得については、利用することにしているauひかりと一緒のところにわざわざ無理して委託しなくても、そこの信頼度と価格を基準にセレクトいただくほうが、うまくいくのではないでしょうか。

関連ページ

エディオン
auひかり申込キャンペーンはエディオンよりも、WEB代理店の方がお得です。高額キャッシュバックを受けられますので、エディオンではなくインターネットから申し込むようにしましょう。
ヨドバシカメラ
auひかり申込キャンペーンはヨドバシカメラよりも、WEB代理店の方がお得です。高額キャッシュバックを受けられますので、ヨドバシカメラではなくインターネットから申し込むようにしましょう。
ビックカメラ
auひかりを契約する場合はビックカメラだけではないが、そのような店舗型の申込先で加入しようとするのは止めたほうが、結果的にはお得だったりします。
ヤマダ電機
auひかり申込キャンペーンはヤマダ電機よりも、WEB代理店の方がお得です。高額キャッシュバックを受けられますので、ヤマダ電機ではなくインターネットから申し込むようにしましょう。